看護師はOLより高収入?好条件の職場への転職も多い?

看護師になるとすると、単に知識や技術のみではなく、「医療界で仕事をこなしていくんだ」という強い気持ちが重要だと思います。
逆に転職先として狭き門になっているのが、町医者や小さなクリニックです。
こういったところは就業時間が安定していて、大病院と違って日常業務がほぼルーティンワーク化しています。
そして、看護師の転職希望者の転職活動にもいろいろあり、その人の今の職場環境や生活環境でもそれは異なります。
専門職なので、OLなどに比べると高収入で、働き口に困ることもないです。
だけど、日常ではほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるためです。
知人が看護師として働いていたのですが、病気を治療するためいったん退職しました。
でも、病気を治したら早速現場に戻って、看護師として今も病院で働いています。
ブランクがあっても、役に立つ資格があったら比較的復帰が楽になりますよね。
やはり資格が大切なことが改めて分かりました。
皆さん想像がつくと思いますが、看護師は大半が女性なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。
誰しも転職に不安はあるもの。
そもそもなぜ転職したいのかを見直してみては?その時は大変だと感じるようなことがあっても、あとになって振り返ってみると、自分の成長になったと感じることがあるかもしれません。
それから、勤務時間がばらばらであることや、キツい仕事だということも原因となり、結果的に離婚してしまう方も多いようです。
お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。

看護師の給料相場どのくらい?内科クリニックへの転職【高月給になる?】