被災地の非常食支援の注意点とは?

災害が起きて、復興するには、多くの人の援助が必要となってきます。
しかし、被災地支援の気持ちだけでは何もできないと言うこともあります。
(汗)災害が起きますよね。
それで、最初のうちは命の危険があります。
ですから、これについては自衛隊や消防団などの仕事となります。
一般のボランティアの活動は、その後と言うことですね。
多くの人がボランティアが、被災地に向かいます。
被災地支援の為の気持ちは分かりますが、注意しておかなければならないことがあります。
この注意点はいくつかあります。
そうしなければせっかくのボランティアが無駄になる場合があります。
また、被災者にとって迷惑となりかねないこともおきてきます。
(汗)。
まず、ボランティアをする時は、依頼者の気持ちを第一に考えることが大切だと言うことですね。
どうしても中には、そんな人いるようですね。
また、被災地の状況について事前に予備知識を入れておく必要もあります。
食事、トイレなど被災者の分だけしかない事も多いと思います。
それから、活動する時の注意点についてです。
現場で判断に困った場合、自分で判断するのではダメですよ。
それから、ボランティアも人間です。
ですから、休息を取らなければいけませんよね。
一生懸命に働いて、倒れたりすれば逆に迷惑をかけてしまうことにもなります。
このような休息も仕事と考えてくださいね。
家屋の倒壊、浸水などで、家の掃除のボランティアもあります。
ゴミとそうではないものを区別することもあります。
これらについては被災者にお願いしましょう。
非常食は何日分あればいい?