アコムで借りるか銀行で借りるかどっちがいいか考え中

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融アコムが提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのアコムのカードローンです。

一方、消費者金融アコムのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、消費者金融アコムのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

審査から結果の通知も早く、アコムの即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融アコムのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融アコムのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融アコムの場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のアコムのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融アコムの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

しかしながら、消費者金融アコムは総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを上げてみますとどの消費者金融アコムも審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うアコムのキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融アコムは貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はありません。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融アコムのキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやアコムのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

消費者金融のアコムのキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

アコム店舗ATM!申し込み最速WEB窓口【借り入れ審査スマホ対応】